オカムラのオフィス用家具の中でも椅子の種類が豊富にあります

31 5月 2017 Uncategorized コメントはまだありません

オカムラの家具のうち椅子の種類は大きく分けるとパーソナルタイプのオフィスシーティングと会議やフロア用のクリエイティブフャニチャーの2種類に分けることができます。特にパーソナルタイプは長時間のデスクワークで疲れにくく、体に負担がかかりにくいよう工夫されています。

オフィスシーティングタイプの椅子

オカムラのオフィス用の家具のうち椅子はシーティングという呼び方をしています。これは、もとは車いす上で正しい姿勢を維持する技術を指していましたが、オカムラではこの技術を応用して長時間のデスクワークでも正しい姿勢を取りやすい用に椅子に工夫を施しました。

オフィスシーティングのサブリナの特徴

例えばオカムラがオフィス家具として取り扱っている椅子にサブリナという製品があります。オカムラの新しいシンボルと位置つけられている製品で、特徴は背もたれに採用したリングフレーム構造で、正しい姿勢を継続できるような構造となっています。

マルチパーパスシーティングのオムネス

オカムラのオフィス用の家具のうちオーソドックスなタイプの椅子のひとつがオムネスです。特徴は体系に応じて反発力が対応できるリクライニング機能と背中にかかる負担を軽減するエラストマーバック機能を採用しています。

会議やミーティング用の椅子もある

オフィス家具のオカモトが販売している椅子にはデスクワーク用以外に、会議・ミーティングに特化したタイプもあります。例えばルーチェにはロボットテクノロジーが利用されており、背中の姿勢の変化に合わせて座面と背中を正しい位置に保持できるようになっています。

スタッキングや折りたためる椅子もあります

オカムラではオフィス家具のうち椅子についても多くの製品を生み出しています。近未来的な最新のテクノロジーを駆使した製品が目立っていますが、これまで通りのスタッキングや折り畳みができる簡易的なタイプも数多く販売しており、オフィスで必要とされる製品を全て網羅していると言えます。